学ぶ注文住宅

注文住宅のコストについて

注文住宅総費用の内訳

注文住宅総費用の内訳 注文住宅の家づくりは、家の建築コストとは別に、外構工事費用、保険や税金など色々な費用コストが掛かります。
家づくりに掛かる費用には、本体工事費用、別途工事費用、そして諸費用の3つに分けられており、支払ったお金がどのように使われて行くのか、どのように役立てられているのかを把握しておく必要があります。
本体工事費用は建物を建築するために掛かる費用で、庭や駐車場などは建物とは別にして計算が行われるのが特徴です。
注文住宅の価格や坪単価は本体工事費用の事を意味しているケースが多く、総費用の75~80%が相場と言われています。
別途工事費用は建物以外にかかる費用で、ガスや水道などの設備工事、駐車場や庭などの外構工事費用、エアコンや照明器具、カーテンレールの購入費用などで、目安としては総費用の15~20%程度を考えておくと良いでしょう。
諸費用は住宅を取得する前後に現金で支払うお金で、税金や住宅ローンの事務手数料、家電品の購入費用や引越し費用、家財保険や地震保険の保険料などで、建築工事費の5~7%程度が相場と言われています。

注文住宅で人気の「スキップフロア」とは?

注文住宅で人気の「スキップフロア」とは? スキップフロアを採用した注文住宅が人気を集めています。この構造は、1階と2階の間に中間的なフロアを設けて、室内空間を立体的に利用できるというメリットがあります。
スキップフロアを複数設けた多段構造としている住宅もあり、工夫した空間利用ができるということと、視覚的な広がり感が得られることから、積極的に採用しているハウスメーカーもあります。
またフロアとフロアの間にできた空間は、天井の高さが一定の基準以下に収まっている場合には延床面積に算入されないために、その広大な空間を収納として利用し、居住空間を広く確保するということも可能です。
敷地面積や建ぺい率に制限が多い都市部で注文住宅を建設する場合には特に有益であるといえます。
一方で、家の中に階段が多くなりますので、高齢者の方や体の不自由な方がいらっしゃる場合にはスキップフロアを採用することは見送ったほうがベターです。
比較的若いファミリーに向けたプランであるといえるでしょう。

 

Copyright (c) 2016 学ぶ注文住宅. All rights reserved.